City workは本当に稼げる商材?口コミ・評判や内容を調査

こんにちは、ヒラリーマンぎんちゃんです♪

今回は、City workと言う情報商材について調査をしてまいりたいと思います。

ポイントは「スキマ時間」

紹介ページでも

空いた時間を使って自宅で稼げる在宅ワーク

と謳ってます。

City workには

  • アンケート
  • レビュー
  • クリック
  • 広告閲覧
  • 投資
  • アプリDL

といった副業があるそうです。

では、実際に紹介してもらうにはどうしたら良いのでしょうか?

目次

City workを登録

City workをLine登録していきます。

そうするとCity workからではなくSecondChanceといったところから

メッセージが届きます。

内容は

違う副業=こういう情報商材は他の情報商材

を紹介してきます。

今回は2件紹介されました。

  • ながらプロジェクト
  • ワーケーション

といった別々の情報商材ですね。

City workの特商法は?

City workの特商法の記載はGoogleなどで調べてみましたが、見つける事は出来ませんでした。

その代わりに、会社概要がありました。

ネットサービスにとって特商法は欠かせません。

特商法の記載有無により、その企業を信用できるか否かを判断するうえで重要なポイントとなってきます。

記載が無かったり内容が不十分となると

何かあった時に保証されない可能性が高い

といった事になりますので注意は必要です。

記載があっても鵜呑みにせずしっかりと見極める必要性もあるのです。

City workの口コミや評判は?

実際に稼げる」といったような内容を見つける事ができませんでした。

利用者の声は紹介ページに書いてありましたが、Googleなどで調べてみてもどこにも見つけられません。

口コミではネガティブな内容で注意喚起をしているような記事は見かけますね。。。

City workのまとめ

今回は、City workという情報商材について調査をしてまいりました。

・ビジネスモデルの記載なし
・特商法の記載ナシ

オプトイン案件の可能性が非常に大きい
 オプトインアフィリエイト※色々な商材を登録させることで所有者にアフィリエイト報酬が入るという仕組み

上記のことから、

個人的にはCity workでは稼げる可能性は非常に低いと思ってしまいます。

といっても、紹介された情報商材で稼げるものが出る事に期待・・・・

そもそもオプトインアフィリエイト可能性大が有力で期待も何も所有者の思うつぼになってしまう為、お勧めは出来ません。

一緒にFX自動売買で稼いでみませんか?

ここまで読んでいただきありがとうございます♪

私なりに色々と調べてみて感じたのですが、今は多種に及ぶ稼ぎ話(情報商材)が存在しています。

本当に手が凝っているものが多く、稼げるものはありますがそれはごく一部であり、実は稼げないものの方が多いことを知っていただきたいのです。

色々と魅力的なキャッチコピーが多いと思いますが、翻弄されないようにしてください!

このような情報商材に時間と労力そしてお金を費やしてしまうのならば、

私のご紹介すFXの自動売買(EA)をやってみませんか?

このシステムは小額の資金から運用を始めることができまして

月利20%~30%前後と安定的に収益を生み出すことが可能なシステムです。

人によっては月利50%を出したことがあるそうです。

今後、有料販売を考えているシステムなのですが

只今、無料モニター様を大募集!!

です!!

今回ご参加いただいた皆様には3つの特典が用意されています。

1⃣月利20%~30%のEA(自動売買ツール)の永年使用権利
2⃣設定や分からない事は運営サイドが徹底サポート(無期限のLINE個別サポート)
3⃣EAの設置無料サービス

先にも書きましたが、人によっては50%を叩きだしたと事があるシステムの様です。

といった事から応募が多くなってきております。

モニター募集のFX自動売買システム取引実績

着々と日々利益を積み重ねて言っているのが確認いただけると思います♪

この自動売買ツールを設置しておけば、自動で毎月お金が入ってくる仕組みを構築することが出来ます!

投資で「絶対」はありませんが、FX初心者の方でも安心して取り組めるサポート付き!

そんな優秀なEAを無料で始めれる企画があります!

運営側から無料モニターはもう必要ありません、有料化しますと言われてしまう時が来る前にこの機会を逃さない様ご連絡下さい♪

ご興味ある方は以下のページをチェックしてみてください♪

EAについて知りたい方はこちら!月利20~30%!!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる